2005年10月07日

ラジコン(Radio Control)

私が、初めて買ったラジコンの送信機は、双葉電子工業製のFT-5Eシングルチャンネルでした。世界初の、スティック式1Ch送信機です。もちろん、現在のプロポの様ににスティックと比例して操縦できるわけではなく、一定角度舵が切れるという原始的なものです。当時にも、デジタル・プロポーショナル・プロポはありましたが、とても高価で買えるものではなかったです。受信機は、同じく双葉電子工業製の超再生リレーレス受信機で、当時では軽量なものでした。これに、ゴム動力駆動(!)のエスケープメントという装置をつけて、操舵するのです。手始めに、049エンジン付の飛行機を「ラジコン技術」を読んで自作しましたが、どうもうまく飛びませんでした。仕方ないので、当時、クリッパー商会(徳島の模型メーカー、いまでもあります。)が当時売っていた、全長90cmのABS製のボートに、マブチのRE−56モータをつけて、エスケープメントで操舵できるようにしました。走航の度に、エスケープメントのゴムを巻くのが若干悲しいところですが、ボート自体は非常に良く走り、当時の電動ボートにしては、高速に走航可能でした。
1967_ft-5e.jpeg
ko_2.jpg
その後、三和電器製の2CHプロポを買ってからは、車(1/8エンジンカー、トドロキモデルのロードエース、エンジンは、HGK−21F)が、休みの日の友でした。チームを作って競争したものです。その後、双葉電子工業のFP−2Fのハンドル型送信器を手に入れ、米国製のアソシエイティドRC−200にK&B21のエンジンを搭載して走行させていました。
1974_t2f.jpeg
9-6crcm911.jpeg
あれから、20数年経ちましたが、その間の技術の進歩はまさに驚くべきものです。いまや、ラジコンメーカーの多くは、ロボットを作るメーカーとして活躍しています。マイクロ・コンピュータに進歩により、昔は夢でしかなかったことが実現しています。また、リチウム電池の出現により、電動飛行機が、簡単に飛ぶようにになりました。でも、飛行機を飛ばせる場所は減りました。


posted by Au Pistou at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

Uコン(その2)

私が、初めて購入した模型エンジンは、OS−MAX−15Vでした。当時としては、15クラスでは、軽量・高出力のエンジンでした。入門用としては、ずいぶん背伸びしたものです。おっかなびっくり慣らし運転(ブレークインといいます。)をすませ、スクラッパー号(有名な入門機です。)につけて飛ばしました。2機目に作ったのが、木村模型のフェニックス号です。(いまでも、木村模型が販売しています。)これで宙返りやウイング・オーバー等のスタントを覚えました。
lbcl10334.jpeg
当時15クラス(2.5cc)スタント機の最高峰は、サワイ商店のファイアーバードJr(いまでは木村模型が販売しています。)と大島模型の赤鷲ジュニア(製造中止)でした。どちらもなかなかスタイルも良い飛行機でした。憧れの飛行機は、トップフライト社製のノブラーJrで、35クラスのノブラーを15クラスにスケールダウンしたものでした。当時の組み立てキットは、全部バルサ製(木村模型のキットは胴体はベニア製)で、全部自分で組み立てるものでした。ずいぶん自作の飛行機を作って墜落させたものでした。いまでは、エンジンの騒音で飛ばす場所を探すことが一苦労だと思います。当時は、比較的おおらかだったなあと思います。
posted by Au Pistou at 22:48| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月23日

Uコン

あなたは、Uコン(Control line model)を知っていますか。1960年ごろから1970年くらいに流行した、模型飛行機です。ラジコンがまだ、一部のお金持ちの趣味だった時代です。当時、「Uコン技術」(廃刊になりましたが)を、読むのが、どんなに楽しかったことか。その当時の憧れは、ジョージ・アルドリッチ設計の「ノブラー」(Fox35エンジン搭載)と、ボブ・パーマー設計の「サンダーバード」(Veco35エンジン搭載)でした。日本の模型エンジン・メーカーのOS(小川精機)の作ったスタント(エアロバティクス)専用エンジンのOS−MaX35S(製造中止、小川精機は、経営難で、双葉電子工業の子会社になります。)は、当時のスタントマニアで知らない人はいなっかったでしょう。最近、「ノブラー」を販売していたトップ・フライト社がARFノブラーを復刻しました。「ノブラー」「サンダーバード」の組み立てキットは、東京・四谷の「リトルベランカ」さんに頼めば入手できます。(メーカーは違いますが)FOX35スタント・エンジンもここで手に入ります。子供の時にみた、「サンダー・バード」の優雅なスタイル(楕円翼)とスロー・スタントはいまだに忘れることのできないものです。
rsm03thunderbirdii.jpeg
fox35s.jpg
nobler.jpeg
posted by Au Pistou at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

スターウォーズ・エピソード4

スターウォーズ・エピソード3も始まりました。スターウォーズ・エピソード4(新たなる希望:A New Hope)で初めて、R2D2とC3POを見たには、いつのことだったのでしょう?30年位前ですね。R2D2とC3POどの作品でもがんばってます。

マイクロドロイド R2-D2
B0007WW8Z6
トミーダイレクト
売り上げランキング : 8

おすすめ平均 star
starついにラジコン登場!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

このラジコンは小さいけど優れものです。動きはR2-D2の特徴を良く再現してます。
とても安いのも魅力です。長い間品切れでしたが、最近(2006/1現在)入荷しました。

posted by Au Pistou at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

紅の豚

1920年代の古き良き飛行機野郎たちの時代の物語です。美しいアドリア海を舞台に空中戦で恋のライバルが戦うという宮崎駿監督が自分の趣味(飛行機)で作った作品です。それだけに一番宮崎監督らしさが出ていてとても良いと思います。でてくる飛行機サボイアS−21Fは実在の飛行機ではありませんが、このメーカー(サボイア社)はイタリアに実在してシュナイダーレース華やかりしころは活躍しました。時代考証もしっかりした映画です。

紅の豚のプラモデル
1/72 紅の豚 サボイアS.21F 後期型
B0003J1D2C
ファインモールド
売り上げランキング : 419

おすすめ平均 star
star紅の豚のあの赤い戦闘飛行艇!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

1/48 紅の豚 サボイア S.21
B0007U92XO
ファインモールド
売り上げランキング : 600


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

紅の豚
B00005R5J6森山周一郎 岡村明美 加藤登紀子 大塚明夫

おすすめ平均
starsある意味、宮崎監督が最も個人的に作った映画
starsなぜかかっこいい
stars紅豚最高!
stars男も女もかっこいい!
stars好きですね

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by Au Pistou at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。