2005年08月17日

Uコン(その2)

私が、初めて購入した模型エンジンは、OS−MAX−15Vでした。当時としては、15クラスでは、軽量・高出力のエンジンでした。入門用としては、ずいぶん背伸びしたものです。おっかなびっくり慣らし運転(ブレークインといいます。)をすませ、スクラッパー号(有名な入門機です。)につけて飛ばしました。2機目に作ったのが、木村模型のフェニックス号です。(いまでも、木村模型が販売しています。)これで宙返りやウイング・オーバー等のスタントを覚えました。
lbcl10334.jpeg
当時15クラス(2.5cc)スタント機の最高峰は、サワイ商店のファイアーバードJr(いまでは木村模型が販売しています。)と大島模型の赤鷲ジュニア(製造中止)でした。どちらもなかなかスタイルも良い飛行機でした。憧れの飛行機は、トップフライト社製のノブラーJrで、35クラスのノブラーを15クラスにスケールダウンしたものでした。当時の組み立てキットは、全部バルサ製(木村模型のキットは胴体はベニア製)で、全部自分で組み立てるものでした。ずいぶん自作の飛行機を作って墜落させたものでした。いまでは、エンジンの騒音で飛ばす場所を探すことが一苦労だと思います。当時は、比較的おおらかだったなあと思います。


posted by Au Pistou at 22:48| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も昭和43年1月5日に始めて買ったエンジンはあなたと同じOS−MAX−15Vでした。その時一緒に買った機体はスクラッパージュニアでした。
Posted by 加藤英俊 at 2006年04月16日 20:00
私も昭和43年1月5日に始めて買ったエンジンはあなたと同じOS−MAX−15Vでした。その時一緒に買った機体はスクラッパージュニアでした。
Posted by 加藤英俊 at 2006年04月16日 20:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

フェニックス
Excerpt: フェニックスフェニックス(Phoenix) 不死鳥あるいは火の鳥とも呼ばれる伝説上の鳥(後述) アメリカ合衆国の都市の名称* アリゾナ州の都市 フェニックス_(アリゾナ州)|フェニックス市。1989年..
Weblog: 伝説の生物辞典
Tracked: 2005-08-19 05:52
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。